◆大相撲秋場所8日目 ○豪栄道(寄り切り)玉鷲●(17日・両国国技館)

 優勝争いのトップを走る6度目のカド番・西大関・豪栄道(31)=境川=が、寄り切りで東小結・玉鷲(32)=片男波=を下し、1敗をキープした。

 立ち合いから玉鷲の左頬を張った豪栄道は、そのまま左四つとなり、一気に寄り切った。同じカド番で史上初の全勝Vを達成した1年前の再現を目指す。