女子のショートプログラム(SP)が行われ、樋口新葉(わかば、16)=日本橋女学館高=が第1滑走の宮原知子(19)=関大=に続いて登場。ノーミスの演技を披露し、73・26点の高得点をマークした。

 先に滑った宮原を超えることこそできなかったが、高得点で続き、日本勢のメダルW獲得へ期待をつなげるSPとなった。