ソフトバンク・田中正義投手(23)が16日にB組で打撃投手を務めることが決まった。第2クールに予定されていた登板を右手中指のマメの影響で回避し先延ばしになっていたが、15日はブルペンで約30球を投げ調整した。

 「指も気にならないし、いい感触を保てている。ここまでやってきたことを出したい」ときっぱり。オフに“和田塾”に入門し、体を鍛えてきた成果をここで発揮する意気込みだ。工藤監督も「ストライクゾーンで勝負できるように投げてくれればいい」と期待を込めた。