◆平昌五輪第7日(15日)

 男子フィギュアスケートで66年ぶり五輪連覇を狙う羽生結弦(23)=ANA=はSPを翌日に控えた15日、夜の練習には姿を見せなかった。午後9時からのメインリンクでの公式練習のチケットは2000枚が売り切れ。会場最前列から7列をファンが埋め、羽生の登場を待っていた。

 16日のSPは午前10時から行われる。翌朝早いため、最終グループの6人は誰一人リンクに現れないのか…。と思われたその時、中国の金博洋が登場。拍手と歓声が沸き、金は笑顔でリンクを1周した。

 羽生は午後1時50分からのサブリンクでの練習では4回転ループを跳ぶなど、好調な仕上がりを見せていた。