◆平昌五輪第7日 カーリング女子1次リーグ 日本7−5韓国(15日、江陵カーリングセンター)

  女子代表のLS北見は韓国に7―5で逆転勝ち、1次リーグ開幕3連勝となった。

 1―0の第2エンド(E)で最後に2つのストーンをはじき出され2失点。2得点を狙った第3Eは、スキップ藤沢五月(26)の最終投で相手のストーンを出したものの、自らのストーンもハウスから出てしまい1得点のみ。第7Eは先攻の韓国に1点を許して3―5と苦しい状況に。

 しかし、4―5で先攻の第9Eは、韓国が最終ショットをミスしストーンがハウスを素通り。2点を入れて逆転。最終Eにも1点を追加した。