報知新聞社主催の青梅マラソンと姉妹提携の第122回ボストンマラソン(16日・米マサチューセッツ州)男子で川内優輝=31、埼玉県庁=が2時間15分58秒で初優勝した。

 この大会には青梅マラソンで優勝した岡本直己(33)=中国電力=芦麻生(24)=九電工=らも出場している。

 レースは大雨と強風の中で争われ、川内は40キロすぎでトップのキルイ(ケニア)をかわした。日本勢では1987年の瀬古利彦以来、31年ぶりの優勝となった。

 寒波に襲われたボストン市内、この日行われる予定だったメジャーリーグ、レッドソックス―オリオールズ戦も前日に中止が発表されていた。

川内は「ただ前だけを見て、ひたすら前だけを見て自分のベストの走りをしたら勝てました。私にとっては最高のコンディションでした」とコメントした。