◆DeNA―巨人(17日・新潟)

 3カード連続負け越しで最下位にあえぐ巨人は、8連勝中のDeNAと新潟で対戦した。

 地元出身のDeNA先発・飯塚に対して、打線は初回、先頭の坂本勇がセンター返しで二塁ベースに当たり左前に抜けるヒットで出塁するが、吉川尚がバントで捕飛。後続も倒れ無得点に終わった。

 2回にも先頭の岡本が左中間二塁打で出塁し、2死一、三塁まで進めたが無得点に終わった。

 3回は先頭の坂本勇が左前安打で出塁も、吉川尚が2球連続でバントでファウルし追い込まれる。最後はフルカウントから、坂本勇がスタートを切るが、三振ゲッツーとなりチャンスをつぶした。

 2死走者なしと重苦しい空気を打ち破ったのがゲレーロだ。1ボールからの2球目のストレートを左翼席に運ぶ2号ソロ。ようやく巨人が先制した。

 援護点をもらった先発・山口俊は3回2死から大和に中前安打を許すと、筒香を四球で歩かせ、ロペスに左前適時打を許し同点に追いつかれた。続く宮崎にも右前タイムリーを浴びる。2者連続タイムリーで逆転を許した。