国内男子プロゴルフ下部の「AbemaTVツアー」第2戦の「i Golf Shaperチャレンジ」(18〜20日、福岡・筑紫ケ丘GC)に出場する宮里美香(28)=NTTぷらら=が17日、会場で練習ラウンドを行った。女子ゴルフで米ツアー1勝、日本ツアー2勝の美香は「声を掛けて頂けるとは思わなかったけど、開幕戦に(横峯)さくらさんも出ていて興味を持った。男子ツアーのレベルが高いのは分かっているけど、自分の実力がどこまで通用するか試してみたい」と意気込んだ。

 国内男子ツアーへの女子の出場は、同ツアー開幕戦の「Novilカップ」(3月30日〜4月1日、徳島・JクラシックGC)に参戦した横峯さくらをはじめミシェル・ウィー(米国)、宮里藍ら過去7人で、いずれも予選落ちを喫している。「平気で50〜60ヤードは置いて行かれる。圧倒される部分は多いと思う」と話すように飛距離のハンデはあるが、「セカンド、ショートゲームで勝負する。そこは割り切るしかない」と正確性を武器に戦う。

 今季は国内女子ツアー3戦に出場し、16位が最高の美香は「イーブンで回れたらいい。コースマネジメントをしっかりやればスコアを作れると思う。せっかくチャンスを頂いたので、予選を通りたい」と目標を掲げた。