◆大相撲 夏場所4日目 ○松鳳山(押し倒し)鶴竜●(16日・両国国技館)

 横綱・白鵬、栃ノ心、逸ノ城の両関脇、平幕の正代が全勝。横綱・鶴竜は鬼門の4日目に松鳳山に押し倒され、土がついた。

 痛恨の立ち遅れで松鳳山に金星を配給してしまった。必死に引き技で反撃も、初日からの連勝は「3」でストップ。「立ち合いがすべて。また気持ちを切り替えてやるしかない。失敗しないようにやっていく」と自戒を込めた。今回が4度目の優勝翌場所だが、4日目に初黒星を喫するのは14年夏、17年初場所に続き3度目。またも“鬼門”にはね返されてしまった。