米大リーグは12日(日本時間13日未明)、オールスター戦(7月17日・ワシントン)のファン投票のア・リーグ第1回中間結果を発表し、右肘の内側側副靱帯の損傷で故障者リスト入りしているエンゼルスの大谷翔平(23)は21万8981票でDH部門の3位だった。

 現在メジャー最多の21本塁打を放っているレッドソックスのJ・D・マルティネスが51万3415票で同部門のトップ。2位はG・スタントン(ヤンキース)の23万1885票。

 ア・リーグ全体の最多得票は3人選ばれる外野手部門のM・ベッツ(レッドソックス)で、74万8872票を集めている。

 日本人選手でファン投票でオールスター戦出場を決めたのは2010年マリナーズ時代のイチロー外野手が最後。投票は日本からでも可能。

 https://www.mlb.com/all‐star/ballot