バックアップメンバーとして日本代表に帯同していたMF井手口陽介(21)=リーズ=が13日、所属クラブに合流するため、インスブルック空港から帰国の途に就いた。

 以前からクラブ合流の要望が届いていたが、「なかなかこういう帯同は経験できない」と有事に備えて代表で練習をしてきた。その日程もぎりぎりとなり、離脱の判断に至った。「この半年間は悔しい思いが多かった。これがあって良かったな、と何年後かに言えるように、これを糧に人として選手として成長できると思う。次に活かしたい」と話した。