14日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月〜金曜・後1時45分)でレスリング女子で五輪4連覇の伊調馨(34)=ALSOK=らへのパワーハラスメント問題で日本協会強化本部長を辞任した栄和人氏(57)の謝罪会見を特集した。

 会見は生中継が禁止され、会見はこの日午前10時に東京・駒沢体育館で開幕する世界選手権(10月、ブダペスト)代表選考会を兼ねる全日本選抜選手権の試合前の9時20分から20分間の予定で設定された。

 番組にはパワハラを告発した安達巧氏がスタジオ生出演。「内容を見たらボクらからすれば、きれいに頭を下げて謝罪しているように見えますけど、何一つ変わっていないなと」と断じ、協会の体質なども「3月の発覚した時点から何も変わってないですよ」と不信感をあらわにした。さらに「言葉で謝って涙ながらにって、言葉はそうかもしれませんが、今日の内容からすればパワハラに関しての認識はひとつも感じられなかった」と指摘していた。

 栄氏は会見で用意された文書を読み上げる形で伊調、田南部力コーチに謝罪。パワハラ認定について聞かれると「コミュニケーション不足が生んだことがこのような事態になったかなと深く反省しております」と話した。