日本代表がベースキャンプ地のロシア・カザンに到着した13日夜、宿舎で同日32歳となったMF本田圭佑(パチューカ)の“誕生会”が開催された。

 選手たちの前であいさつをした本田は「W杯は何回経験できるかわからないし、最後になるかもしれない。時間を大切にしよう」と呼びかけた。盟友の熱い思いを聞いたDF長友佑都(ガラタサライ)は「このチーム、このメンバーで戦うW杯は最後。(ブラジルW杯からの)この4年、後悔のないよう強い気持ちでやってきた」と決意を新たにしていた。