◆広島―巨人(10日・マツダスタジアム)

 5回を終わり、1−4で巨人が3点のリードを許している。

 先発・メルセデスは初回に広島・鈴木の2ランで先制を許したが、4回に岡本が21号ソロを放ち1点差とした。

 しかしその裏、広島打線は鈴木からの4連打などで2点を加え、点差を広げた。