中日は12日、松坂大輔投手(38)が沖縄県内の病院で検査を受け、右肩の炎症と診断されたと発表した。検査後の昼前に沖縄・北谷球場に姿を見せたものの、ウェートルームにこもり、屋外では練習しなかった。そのまま多くを語ることなく、滞在約3時間で球場を後にした。

 松坂は数日前に北谷球場のサブグラウンド付近でファンとタッチを交わした際に右腕を引っ張られたような形となり、右肩を痛めた。前日(11日)からはキャッチボールを行わず、ノースロー調整となっている。

 与田監督は「これまで診て頂いたお医者さんもいらっしゃるので、きっちり診てもらうことになる」と話しており、近日中にも名古屋、関東圏の病院で再検査を受ける可能性もありそうだ。