競泳女子のエース、池江璃花子(18)=ルネサンス=が白血病と診断されたことを告白したのを受け、日本水泳連盟の上野広治副会長と所属先のルネサンス・三木二郎コーチらが12日夕、東京都内で記者会見した。

 上野副会長らは池江が現在「入院中」であることを明らかにし、詳しい病名(白血病の種類)については「現時点では白血病としか言えない」「早期発見と(医師から)伝えられた」と語った。

 三木コーチによると、オーストラリアのゴールドコーストで1月18日から合宿を始め、今月10日までを予定していたが、今月に入ったころ、池江が体調不良を訴え「調子も全然上がってこない」「肩で息をする動作がみられた」ことなどから現地の日本人医師のいる医療施設で診察を受けた。白血病の疑いを指摘されたため急きょ8日に帰国。日本で再検査し、白血病と診断されたという。

 診断を受けた池江について上野副会長は「相当ショックだったと思う」と話した。