ドラフト5位・柿木蓮投手(18)=大阪桐蔭=は反骨心を成長の養分にする。昨夏の甲子園決勝で対戦し、U18日本代表でもチームメートだった吉田輝星投手とは大の仲良し。2軍春季キャンプも同部屋で、毎朝一緒に球場入りするが「断然仲も良くなっているし、意識も強くなっている」。日々フィーバーを巻き起こすライバルへの対抗心は誰よりも持っている。

 佐賀東松ボーイズ時代は井の中のかわずだった。2年途中からエースになり全国大会に4度出場。日本代表として世界大会にも出場した。「中学3年のときは自分が日本で一番うまいと思ってました。全国、こんなもんかなって」。だが全国ではなかなか結果が出ず。「(全国)優勝を経験したかった。もっとすごいやつと野球をやってみたいなって。その中でエースナンバー取ったらかっこええなって」。自らの力を試したいと、強豪・大阪桐蔭への進学を決意した。

 意気揚々と向かった大阪ではカルチャーショックを受けた。全国から集結した猛者たち。「ノックの動きが違った。小、中でやっていた野球が、野球じゃなかった。何やってたんだろうなって」。同期の中日・根尾、ロッテ・藤原らと切磋琢磨(せっさたくま)。3年春、夏の甲子園では背番号1を勝ち取り、史上初の2度目の春夏連覇を達成。「(競争した)経験は桐蔭を選べたからこそ」と右腕を一回りも二回りも大きくした。

 吉田、根尾、藤原は1位指名でプロ入り。甲子園優勝投手ながら、5位指名での入団には悔しさもある。「でも期待されてない方がノビノビやれるんで、そっちの方がいい」。「蓮」という名は、泥水を養分として美しく咲く蓮(はす)の花から名付けられた。飛び込んだ厳しいプロの世界。同世代の誰にも負けない、大輪を咲かせるつもりだ。(秦 雄太郎)

 ◆柿木 蓮(かきぎ・れん)2000年6月25日、佐賀・多久市生まれ。18歳。小学2年から多久北部少年野球団で野球始め、多久市立中央中では佐賀東松ボーイズに所属。進学した大阪桐蔭高では2年春のセンバツからベンチ入り。3年時はエースとして史上初2度目の春、夏連覇を達成。18年高校日本代表。最速151キロ。家族は両親と姉。181センチ、88キロ。右投げ右打ち。年俸520万円(金額は推定)