ソフトバンクのドラフト1位・甲斐野央投手(22)=東洋大=がシート打撃に初登板し、プロの洗礼に感謝した。

 最速153キロを計測。打者5人に対し、甲斐からフォークで三振を奪う一方で上林に直球を左中間二塁打、松田宣にカーブを左前安打された。ただ、悲観する様子はなく「すごく楽しかった。“ソフトバンクさん”が相手でよかった。スピードだけではダメだと痛感できてよかった」と前向きに受け止めた。