◆第101回全国高校野球選手権大会第9日 ▽2回戦 習志野5―9鶴岡東(14日・甲子園)

 今春のセンバツで準優勝に輝いた習志野(千葉)が、鶴岡東(山形)に敗れて、2回戦で敗退した。

 両軍無得点の2回。習志野は、先発した背番号「10」の左腕・山内翔太投手(2年)が鶴岡東打線につかまった。山路将太郎二塁手(2年)の右前適時打で先取点を許すと、影山雄貴投手(3年)にも右越え2点適時二塁打などを浴びて5失点。このイニング途中から背番号「1」の飯塚脩人投手(3年)がマウンドに上がった。

 7回に一時2点差にまで迫ったが、飯塚は8回に本塁打を浴びるなど3失点。9回にも1点を追加された。

 2回途中からリリーフして2被弾4失点だった飯塚は「実力不足。相手が上でした。ここまで来れたのは2年生のおかげ。2年生にまず感謝の気持ちと、ごめんなと謝りたい。春に逃した優勝を目指してやってきた。粘り強く誰1人として最後まで諦めない最高のチームでした。優勝出来ず悔しい」とうなだれていた。