NPBの斉藤コミッショナーは14日、13日の西武・オリックス戦(メットライフ)で、西武の森脇亮介投手(27)への暴力行為により退場処分を受けたオリックスの佐竹学外野守備走塁コーチ(44)に対し、制裁金15万円と厳重注意の処分を科した。

 佐竹コーチは4回に森脇が若月に死球を与えた際、マウンドに向かい、森脇の胸を突いた。警告試合となったこの試合では、オリックスの田嶋、西武の平良が死球を与えて退場処分を受け、計3人が退場となった。

 また、同戦でチームの統率を欠き、試合中断を招いたとして、オリックスの西村徳文監督(59)と西武の辻発彦監督(60)に注意の処分を科した。