西武の本田圭佑投手(26)が15日のオリックス戦(メットライフ)で約1か月ぶりに1軍戦で先発する。7月17日のロッテ戦(メットライフ)では7回1失点で3連勝を挙げたが、首痛を発症し、1軍のマウンドを離れた。完治したのは8月に入ってからで時間を要したが「もう大丈夫」と完全復活。13日のオリックス戦では4死球で乱闘騒ぎとなったが、「怖がって全く投げない、のでは話にならない。絶対に当てちゃいけない時にそこ(内角)を使わずにどう打ち取るかが大事になる」。4年目右腕が6勝目を目指してオリックス打線に挑む。