1994年のオークスを制したチョウカイキャロル(牝、父ブライアンズタイム、母ウイットワタースランド)が12日午前、けい養先の北海道浦河町・谷川牧場で肺炎のため死んだ。28歳だった。

 チョウカイキャロルはブライアンズタイムの初年度産駒で栗東・鶴留明雄厩舎から94年の年明けにデビュー。4戦目にオープンの忘れな草賞を快勝すると、続くオークスでG1初制覇。好位から抜け出すと、外から追い込んできたゴールデンジャック(2着)、アグネスパレード(3着)の追撃をしのいだ。

 同年秋のエリザベス女王杯ではヒシアマゾンに鼻差3センチ及ばず2着だったが、アグネスパレード(3着)を含めたゴール前の壮絶なたたき合いは競馬ファンに長く語り継がれる名勝負となった。

 通算成績は12戦4勝でオークス、中京記念・G3(1995年、当時は中京・芝2000メートル)の重賞2勝。引退後は繁殖入りし、5勝したチョウカイシャトル(牡、父ピルサドスキー)、4勝のチョウカイフライト(牡、父サンデーサイレンス)などを送り出した。

 鶴留明雄元調教師「同じ年齢で、エリザベス女王杯で競り合ったヒシアマゾンが今春、亡くなったところでした。あの頃を思い出します。弱い面があったのでデビューが遅くなり、賞金不足で桜花賞には出られませんでしたが、もともと2000メートル以上あった方がいい馬だと思っていました。牝馬だけど、牡馬のような堂々とした体つき、筋肉でオークスでは横綱相撲で勝ってくれました。このような素晴らしい馬に出合えたことに心から感謝しています」