今季限りで現役引退する日本ハム・田中賢介内野手(38)の、東京Dラストゲームとなった12日の楽天戦でセレモニーが行われ、田中賢の新人時代に監督を務めた大島康徳氏(68)がサプライズ登場した。

 大島氏は花束を持ってグラウンドへと向かい、少しの間言葉を交わすと長年の活躍をねぎらうように抱擁。この日の試合前で残り6本に迫る日本通算1500安打へ向けて、「可能性がある限り諦めちゃいけない」とエールを送っていた。