Bリーグ1部のレバンガ北海道は9日、第2節の島根との2連戦(11、12日・北海きたえーる)に向け練習を公開した。第1節(6、7日)は横浜に2連勝し、クラブ初の開幕戦白星を飾るなど好発進。新司令塔・橋本竜馬(31)とのダブルガードで活躍した松島良豪(27)は開幕3連勝へ“黒子役”を志願した。

 松島は昨季、後半戦は左足を痛めて離脱するなど37試合に出場し、平均5・5得点、6・8アシストと攻撃面で貢献した。今季は、高い位置から相手に激しくプレッシャーをかけボールを奪う守備に集中している。「今季は得点できる選手が大勢いるので、ディフェンスと、得点につなげるラストパスなどスタッツに出ないプレーで貢献したい。島根戦も、強いディフェンス強度を保ちたい」と話した。

 ラグビーW杯にも関心を示し、日本代表で合計4トライの大活躍を見せるウィング・松島幸太朗(26)=サントリー=に注目している。「スポーツ界で『松島姓』の有名選手をあまり知らなかったので、うれしい。世代も近いし彼の活躍は刺激になる。自分も今シーズン、チームに“金星”をもたらす働きをしたい」。CS(チャンピオンシップ)初出場を目指し、気合いを入れた。(小林 聖孝)