◆2019 パーソル クライマックスシリーズ・パ 最終ステージ第2戦 西武―ソフトバンク(10日・メットライフドーム)

 西武は序盤に大量点を奪われたが、ジワジワとソフトバンクに詰め寄った。

 序盤は先発・今井が誤算だった。初回に中村晃に先取点となる右前適時打を浴びると、2回にも牧原に右犠飛を許し、3回には中村晃に2ランを浴びるなどさらに4点を献上。3回途中7安打6失点でKOされ、マウンドを降りた。4回には2番手・佐野も内川に右前適時打を浴びて0―7と点差を広げられて一方的な展開になりつつあった。

 3回まではソフトバンク先発・武田の前に無安打に抑えられていた自慢の強力打線だったが、4回2死から初安打となるソロ本塁打を外崎が左翼席に運んで反撃開始。5回には源田の適時二塁打、森の右犠飛、中村の適時二塁打で3点を奪って3点差にまで迫った。

 だが、一歩も譲らないソフトバンクは6回2死からグラシアルが、3番手・マーティンから2試合連続弾となるソロを左翼席に運んで、再びリードを4点に広げた。