今秋に2020年鹿児島国体で文化プログラムとして行われる「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 KAGOSHIMA」に採用されるタイトルが7日、主催者側から発表された。

 昨年12月に発表されていたサッカーゲーム「eFootball ウイニングイレブン」、「実況パワフルプロ野球(パワプロ)」、「ぷよぷよeスポーツ」に加え、この日明らかになったのは「グランツーリスモSPORTS」、「パズドラ」、「モンスターストライク」の3本。合計6タイトルで日本一が争われる。

 文化プログラムとしての全国対抗選手権は昨年の茨城国体に続いて2度目。3種目から6種目に倍増し、注目を集めた昨年以上の盛り上がりが期待される。

 「パワプロ(一般の部)」は9月13日、そのほか5タイトルと「パワプロ(学生の部)」は10月10、11日に開催される。