J1鳥栖は6月30日、「久光製薬株式会社」が今季の特別協賛として決まったと発表した。スタジアムのLEDアドボード広告と両サイド全面掲出、バックスタンド両サイド広告掲出や、ホームゲーム3試合のマッチスポンサーが決定した。

 鳥栖は2019年度の決算で、Jリーグが各クラブの経営情報を開示するようになった2005年以降で最大となる約20億円の赤字を計上していた。久光製薬は医薬品、医薬部外品、医療機器等の製造、販売および輸出入を手がける。