◆バドミントン ▽デンマーク・オープン 最終日(18日、オーデンセ)

 女子ダブルス決勝で、第1シードの福島由紀(27)、広田彩花(26)組=丸杉Bluvic=が、第2シードの永原和可那(24)、松本麻佑(25)組=北都銀行=を21―10、16―21、21―18で下し、優勝した。

 第1ゲームは9―8から、10連続得点で一気に流れをつかんだ。第2ゲームを奪われても、冷静な試合運びは変わらない。最後は最終ゲーム20―18から、松本のサーブミスで決着した。

 フクヒロは、今年3月の全英オープンに続き、ツアー2連勝。国際大会で4連敗中だったナガマツ相手には、19年1月のマレーシア・マスターズ以来の白星となり、出場確実の東京五輪に向けて弾みのタイトルをつかんだ。