楽天は21日、青山浩二投手(37)の現役引退を発表した。

 青山は2005年大学生・社会人ドラフト3巡目で八戸大から楽天入り。スライダーを軸とした投球で主にリリーフとして活躍。今年9月4日のオリックス戦で勝ち投手となり、入団から15年連続勝利を記録するなど、通算625試合に登板して42勝58敗45セーブ、防御率3・67の成績を残した。スタミナ自慢のベテランも今季はキャリア最少11試合登板にとどまり、球団から戦力外通告を受けていた。23日に引退会見を行い、ファンに別れのメッセージを伝える予定。