中日からドラフト3位指名を受けた近江高・土田龍空(りゅうく)内野手(17)が22日、滋賀・彦根市内のホテルで松永編成部部長らと入団交渉に臨み、契約金4500万、年俸600万で仮契約を結んだ。「見たことない数字でびっくりしました。やっとドラゴンズさんの一員になれると、うれしい気持ちです」と笑顔を見せた。

 高校NO1遊撃者と称される土田は「ゴールデングラブ賞は必ずとりたい」と大きな目標をかかげる。来年から中日臨時コーチになる立浪和義氏の守備はYouTubeで見ており、「ゴールデン・グラブ賞を目指してやっているので立浪さんにしっかり聞きたいと思っています」と“ミスター・ドラゴンズ”に弟子入りを希望した。

 中日には京田や根尾などの遊撃手がそろっている。それでも担当の山本スカウトは「ボールに入るスピードが魅力。京田たちを脅かして早く抜くようになってほしい」と期待を寄せた。竜に入団した龍空は「1、2年は焦らずしっかり体を作って、3、4年目でしっかり活躍したい」と、プロの世界でも“昇龍”のように舞い上がる準備は出来ているようだ。