◆第91回都市対抗野球 ▽1回戦 セガサミー2―0トヨタ自動車(22日・東京D)

 広島からドラフト1位指名されたトヨタ自動車の栗林良吏(りょうじ、24=名城大)は7回13奪三振2失点の力投も、打線に援護がなく初戦で姿を消した。

 2回1死二塁で8番・北阪真規内野手(25=日大)に内角高めに甘く入った143キロの直球を右翼席上段に運ばれた。

 昨年の都市対抗決勝でも本塁打を浴び、1球の怖さを知っているエースは「昨年と一緒。自分の力不足、自分のせいで負けました」と最後まで悔しさを隠さなかった。