◇スーパーGT第2戦「たかのこのホテル FUJI GT 500キロレース」(4日、静岡・富士スピードウェイ=1周4・563キロ)

 500キロのロングディスタンスの決勝レースが行われた。序盤からホンダとトヨタが威信かけた戦いを繰り広げ、最後はホンダのアステモNSX―GT(塚越広大、B・バケット組)がトヨタ2騎の追撃をしのいで優勝した。

 2位には開幕戦を制したエネオスXプライムGRスープラ(大嶋和也、山下健太組)。その差はなんと0秒831だった。3位にはキーパー・トムスGRスープラ(平川亮、坂口晴南組)が入った。

 開幕戦(岡山)はトヨタ勢が圧倒的な強さを誇り、表彰台を独占した。トヨタのホームコースで見せたホンダの意地。ホンダとトヨタ、そして眠れる獅子・ニッサンの三つ巴の戦いはこれからも続く。

 第3戦は今月29〜30日にホンダのホームコース、三重・鈴鹿サーキットで行われる。