◆JERAセ・リーグ 広島―巨人(5日・マツダ)

 巨人・炭谷銀仁朗捕手(33)の適時打で追加点をもぎ取った。

 1点リードの7回2死一塁。炭谷は初球の変化球を打ち上げたが、これが太陽と重なったのか、中堅・羽月がボールを見失い、中前にポトリ。一塁走者の丸が一気に生還した。