◆JERAセ・リーグ 広島―阪神(23日・マツダ)

 広島の菊池涼介内野手が、機転の利いたスーパープレーでスタンドを沸かせた。

 2―2同点の6回2死二塁。代打・梅野の二塁付近に転がった打球を処理した名手は、瞬時に一塁送球が間に合わないと判断し、そのまま三塁送球。オーバーランしていた糸井が帰塁できずにタッチアウトでスリーアウトチェンジ。この回からマウンドに上がっていたドラ2左腕・森も、口をあんぐり開けて驚きの表情を浮かべた。

 今季9勝1敗で負けなしの阪神を相手に、初回に守備の乱れから2点リードを奪われて序盤から劣勢だった。5回に上本の2点三塁打で同点に追い付いた直後のイニングでピンチの芽を摘み取るビッグプレーとなった。