【厚真】昨春発足したサーフィン少年団「ABCジュニアサーフクラブ」(丸山聡史会長)が8月に出場する大会に向け、練習に熱を入れている。今春にはサーフィン・スケートボードでは道内で初めて、スポーツ少年団登録され、町から活動支援を受けるなど、活動を活発化させている。

 年間6万人が訪れるサーフィンスポットとして知られる浜厚真で、サーフィンの魅力を地元の子どもたちに伝えようと、日本サーフィン連盟公認指導員の丸山会長ら5人が昨年3月に設立。メンバーは町内の小中高生に限り、小学1年〜中1年の17人が所属する。