【大樹】いつか僕も―。宇宙空間に到達する民間初の観測ロケット「MOMO(モモ)」の29日の打ち上げ実験を、大樹高2年の中村祐太さん(17)は心待ちにしている。昨冬、インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)の社員と知り合い、機体製造を手伝うようになった。「大樹でロケットを造れるなんて。幸せです」。将来はISTの一員として、次のロケット造りへの夢を膨らませている。

 昨冬、ISTの創業者で、元ライブドア社長の堀江貴文さんの講演を聴いた。会場には開発中のロケットエンジンがあり、社員の堀尾宗平さん(24)が仕組みを教えてくれた。「遊びにおいでよ」。それ以来、燃焼実験を見学するようになり、モモの機体製造の手伝いも任された。