日本中央競馬会(JRA)の札幌競馬が29日、札幌市中央区の札幌競馬場で開幕した。ファン約1万3千人が詰めかけ、夏空に映える緑鮮やかな芝の上を駆ける競走馬に熱い声援を送った。子供向けのイベントも開かれ、家族連れの姿も目立った。

 午前9時の開門前には約600人が列をつくり、同9時55分発走の第1レースから大歓声が響いた。レースの合間に来場者はコース脇の芝生で弁当を広げたり、親子でヒーローショーを楽しんだりして、思い思いに過ごしていた。