【留萌】留萌の夏最大のイベント「るもい呑涛(どんとう)まつり」(実行委主催)のメインを飾るパレード「やん衆あんどん」が29日夜、市中心部で行われ、12基の豪勢な行灯(あんどん)や女みこし、「はねと」と呼ばれる踊り手など計1500人が華やかに練り歩いた。街は、夏の夜のにぎわいを楽しむ市民らでごった返し、熱気に包まれた。

 市役所前で行われた出発式で高橋定敏市長は「呑涛祭りは留萌の次の時代をつくるエネルギーです。市民とともに盛り上がりましょう」と声を張り上げた。