【大樹】インターステラテクノロジズ(稲川貴大社長)は30日、小型ロケット「MOMO(モモ)」を町内で発射した。高度100キロの宇宙空間には到達しなかったが、打ち上げを一目見ようと、見学会場に詰めかけた大勢の観客や地元関係者は「よくやった」「これからも応援したい」と拍手を送った。

 午後4時30分すぎ、「ゴー」と地響きのような音が聞こえると歓声が上がり、見学会場がどよめいた。

 前日の発射は濃霧のため延期。30日は早朝から打ち上げを予定していたが、機体トラブルなどで夕方までずれこんだ。発射場周辺は30日も引き続き霧が立ちこめており、観客は今か今かと打ち上げを待った。

 パブリックビューイング(PV)会場の町多目的航空公園では、前日から泊まり込む人も。29日に一番乗りし、1泊して最後まで見届けた札幌市の富田豊さん(71)は「ここに一番長くいた。だめかと思ったけど打ち上がってくれ感激」。家族と前日から来ていた室蘭市の中学3年小林拓暉さん(14)は「音がすごくて興奮した」。中札内村の井原蒼斗(あおと)君(5)は「将来は宇宙飛行士になり月に行きたい」と夢を膨らませた。

 打ち上げ後、PV会場には同社創業者の堀江貴文さんと稲川社長が登場。「待たせてすみません」と口々に述べた。堀江さんは「目標は達成できなかった。次かその次には宇宙にいけると思う。応援してほしい」と強調。稲川社長は「モモの改良をするが、そこがゴールではない。人工衛星を打ち上げ、宇宙にアクセスしやすくしたい。大きなロケットも開発したい」と抱負を語った。