積丹半島のドライブ観光推進に向け、スタンプラリーが10月末まで行われている。景勝地や飲食店、温泉を訪れてスタンプを集めると抽選で、半島周辺7町村(余市、古平、積丹、神恵内、泊、岩内、共和)の特産品が当たる。2018年度の北海道横断自動車道小樽―余市間延伸へ向け「積丹半島ブルーライン」(国道229号の余市〜岩内間)をPRするのが狙い。

 地元7町村の観光協会で組織する「しゃこたん半島観光振興会」が実施している。北海道観光振興機構(札幌)の広域観光支援事業。旅行情報誌「北海道じゃらん」会員サイトと連携し、スマートフォンでもラリー参加を受け付けている。