札幌国際芸術祭(SIAF(サイアフ))が6日に開幕するのを前に、札幌市中央区のJRタワーで「大風呂敷フラッグ」が展示されている。色鮮やかな旗状の風呂敷が天井からつるされ、道行く人の目を引いている。

 市民から提供された古布を縫い合わせて風呂敷を作り、各会場を彩る「大風呂敷プロジェクト」の一環。市民や小学生らが縫った計1375枚を、1階コンコースと地下1階の通路に飾った。