釧路市は鶴ケ岱公園内の茶室「鶴翔庵(かくしょうあん)」を、31日までの平日限定で無料開放している。同庵は市民が実際に利用できる本格的な茶室として知られるが、2016年度の利用が6件にとどまるなど、利用が低迷している。このため今年は7日に旧暦の七夕に合わせたイベントを初めて開く予定で、市は多くの利用を呼び掛けている。

 1989年に民間の寄付で建設された鶴翔庵は、伝統的な数寄屋造りの木造平屋で約78平方メートル。内部に茶室(4畳台目)と広間(8畳)、水屋(6畳)を備える。

 無料開放は7日を除く平日午前9時〜午後5時。茶道具は無料で貸し出す。市内を中心に活動する団体と市内在住の個人が対象で、利用アンケートや茶室の清掃への協力が必要となる。申し込みは利用の10日前まで受け付ける。問い合わせは市公園緑地課(電)0154・31・4557へ。