【浦河】町内で唯一の銭湯「まさご湯」(堺町東)を経営する「まさご」(大久保克好代表)は銭湯2階の空きスペースに宿泊施設を新設し、年明けから観光客を受け入れる。自然体験ガイドツアーも行い、町の魅力を味わってもらうための観光拠点にしたい考えだ。

 浦河町中心部では、個人客や移住希望者が安く長期滞在できる拠点は少ないだけに、移住希望者を町内に案内するボランティアガイドを長年務めてきた同社の大久保直幸専務(54)は「比較的安価で泊まれる宿にしたい。訪れた人に浦河の自然や食材を存分に楽しんでもらえれば」と意気込む。