全国から選ばれた16歳以下のアイスホッケー選手が集まる「エリートキャンプ」(日本アイスホッケー連盟主催)が3日、4日間の日程で市内の日本製紙アイスアリーナで始まった。この合宿でU―16日本代表選手を20人程度選出し、20日からハバロフスク(ロシア)で行われる国際試合に臨む。

 同キャンプは毎年開催され、3月には帯広市で行われた。今回は直後に海外遠征を控え、従来よりもレベルの高い選手の育成が期待されるという。