帯広三条高と帯広工業高のアーチェリー部の生徒計6人が、10〜12日に宮城県利府町で開かれる全国高校総体(インターハイ)のアーチェリー競技に出場する。生徒たちは「入賞したい」と意気込んでいる。

 全道高校大会は後志管内赤井川村で6月に開かれ、帯三条は男子団体(4人)が優勝、2年の松嶋絹花さんが女子個人で準優勝だった。帯工3年生の種部大輔さんは男子個人で優勝を果たした。