【白老】かがり火の中で古式舞踊などを鑑賞するアイヌ民族博物館の夜間特別プログラム「ポロトコタンの夜」が、5、6の両日、同館で開かれた。幻想的な雰囲気の中、道内外からの来場者がアイヌ民族の伝統芸能を堪能した。

 2003年から毎年行い、15回目。同館は20年に開設されるアイヌ文化復興の拠点「民族共生象徴空間」の準備に伴い、来年3月で休館になるため、今回が最後のプログラムとなった。