ネコを収めた作品で知られる動物写真家岩合光昭さん(66)のトークショーが4日、札幌市中央区の札幌三越(南1西3)で開かれた。市内外のファンが訪れ、撮影の裏話を楽しんだ。

 14日まで札幌三越で開かれている写真展「ねこの京都」に合わせた企画。写真展は京都で暮らすネコを「春」「夏」「秋」「冬」の4章の構成で紹介している。岩合さんは、紅葉で真っ赤に染まる林の中でネコを撮影した作品を示し「日本人で本当に良かったと感じた1枚。京都という土地の魔力を感じた」と振り返った。