【小平】タコ箱のオーナーになった人に漁で捕れたタコを発送する企画「タコ箱漁オーナー」の今季の引き揚げが全て終了した。全6回で捕れたタコは計63匹。捕獲率は6.73%とやや低調だったが、幸運をつかんだオーナーの中にはタレントのマツコ・デラックスさんも。6年ぶりに復活した企画は大きな話題を集めた。

 タコ箱漁オーナーの漁は6月20日〜8月4日の間、2期間に分けて実施。臼谷漁港沖に、前期152箱(企業協賛枠の2箱含む)と後期160箱を仕掛け、主催者で町内の漁師阿部喜三男さん(50)がそれぞれ3回ずつ引き揚げた。

 捕れたタコの平均重量は1匹約8キロ。中には約13キロの巨大タコもいた。事務局を務めた札幌の通販会社「ひとと」(藤谷透社長)の元にはタコを受け取ったオーナーから「予想以上の大きさ。小売店のタコとは違う」などの声が寄せられたという。

 タレントのマツコ・デラックスさんと有吉弘行さんが出演するテレビ朝日(道内はHTB)系列の番組でも紹介された。オーナーとなったマツコさんは見事9.5キロのタコを手に入れ、番組内で調理。小平のタコは道外でも注目を集めた。