昨年から祝日となった「山の日」の11日、オホーツク管内で登山会が開かれ、参加者は地域の豊かな自然を満喫した。

斜里岳 沢づたいに登る場所も

 斜里、清里町などにまたがる日本百名山の斜里岳(1547メートル)ではきよさと観光協会主催の「第2回斜里岳を楽しもう」が行われ、約150人が参加した。

 山麓周辺の散策など3コースに分かれ、山頂コースは午前7時、5合目にある山小屋「清岳荘」を出発。登山道には、斜里川源流を沢づたいに登る場所もあり、4時間ほどで山頂に到達した。

仁頃山 花など自然にいやされ

 北見市と佐呂間町にまたがる仁頃山(829メートル)では、仁頃山愛好会主催の登山会があり、約40人が管理車道を通る初心者向けと、東新道や奥新道などを周回する中上級者向けの2コースに分かれ頂を目指した。