スキージャンプの長野五輪団体金メダリストで、雪印メグミルクスキー部監督の原田雅彦さんによる大倉山ジャンプ競技場案内ツアーが8日、札幌市中央区の同競技場で開かれた。 ジャンプ競技の魅力を知ってもらおうと、札幌市などが主催。市内外の親子連れ約30人が参加した。

 参加者はリフトで山頂に上り、普段は立ち入れない選手控室を見学。スタート地点では原田さんが「初めて飛んだのは高校生の時で、怖かった」と振り返った。参加者は「高い」「すごい」などと話しながら急斜面を見下ろした。